夜空ノムコウ【ST学科の学生たちへ】

今回は、仙台医療福祉専門学校 副校長 福嶋 広隆 先生より、本学科の学生へ向けてのメッセージを作成していただきました。

今まで多くの経験をされてきた副校長から学生のみなさんへ。


SMAPが歌った名曲「夜空ノムコウ」の中に「あの頃の未来に僕らは立っているのかなぁ・・・全てが思うほどうまくはいかないみたいだ」という一節がありますね。私が色々な分岐点に立った時にいつもこの一節を思い出しては、自分を見つめるきっかけにしています。

この曲がリリースされた1998年1月は、私が北杜学園に転職をして2年が過ぎようとしていた頃でした。学生募集を行う部署で、日々東北の各地を駆け回り学校のPRを行っていました。その頃は学校広報の仕事も覚えながらいろいろな知識を吸収し、少しは自分の広報スタイルが出来てきた頃だったかもしれません。北杜学園に入職した頃を思い出して、よくこの歌を聞いていました。

それから19年が過ぎました。その間いろいろな部署に異動となり、その度に様々な仕事を経験しました。

学生募集の仕事を10年行った頃、北杜学園では仙台青葉学院短期大学を設置する計画が立てられました。設置準備を具体的に行う部署である大学開設準備室に異動となり、短大開学に向けてのプロジェクトがスタートしました。文部科学省に幾度となく出向き指導を受けながら設置計画を練り直していくことで、具体的に大学が作られていく過程を体験しました。これらは自分の人生において最も貴重な経験となっています。開設のための色々な仕事がうまくいかず、仕事帰りに星を見上げながらこの歌を溜息交じりに歌ったものです。歌詞の中にある「タメ息は少しだけ白く残ってすぐ消えた」みたいな心境でした。

開学後は設置認可された短大を具体的に稼働させなければなりませんので、そのまま短大事務局長として組織やルールを作り学校運営を行いました。大学運営など知らない集団が大学を実体化していかなければならず、プレッシャーや次々と生じる問題の対応などで胃の痛くなるような毎日でした。

その後、姉妹校である仙台医療技術専門学校を短大のリビリテーション学科に改組するために、校長として異動しました。ここでは組織のスクラップ・アンド・ビルドを体験しました。既存の専門学校を閉じ、その学科を短大の新たな学科へと立ち上げる仕事です。一つの専門学校を閉校にしながら新しい短大の学科を同時並行で作り上げていく仕事は思った以上に大変でした。それでも短大設置の際の経験が生き、先を見ながら仕事を進めることができました。5年かけて短大に改組し、その役目が終わった事で昨年この学校に異動となりました。

とても難易度が高くプレッシャーも大きな仕事が多くありましたが、自分の仕事の幅を広げることで視野も広がりました。今ではこの貴重な体験全てが自分の大切な財産だと考えています。

一つの仕事に区切りがついたとき、いつも思うことは「今、あの頃思い描いた未来に立っているのかな・・・」ということでした。一人の人間として、一人の職業人として、という意味においてです。まだ若かった頃思い描いた未来というのは「人生を楽しむ人間になる」ということでした。仕事を楽しみながら趣味を充実させて生活を楽しむ職業人になるということです。そして今やっと「人生は楽しい」と心から思えるようになりました。山登りと釣りとキャンプを趣味にして、仕事も楽しんでできるようになりました。ずいぶん長い時間がかかったものです。自分に悩み、仕事に悩み、周りに悩む。その繰り返しにきちんと向き合えたことが良かったのかもしれません。



皆さんは今、STになろうと決めたあの時の未来に立てていますか? 全てはうまくいっていますか? うまくいかないこともありませんか? 不安もたくさんありませんか? 勉強は思ったより厳しくありませんか? 2年後の自分、5年後の自分、10年後の自分を具体的に思い描いたことはありますか?


この先自分の未来は自分で作っていかなければなりません。だから、その未来に立つために、今は自分の可能性を信じて頑張らなければいけない時です。いろいろと思うことや逃避したい場面があっても、自分の決めた未来のために頑張らなければなりません。そうすれば、きっと「あの頃描いた未来」に立つことが出来るはずです。

「あれからぼくたちは何かを信じてこれたかなぁ・・・。夜空の向こうにはもう明日が待っている」この歌詞の中にいる「ぼくたち」が今のあなた方なのです。



STたるもの、

いつかは「先生でよかった」と言ってもらえる人になれ。

その言葉は、あなたに対する最大限の信頼の表れだから。

プロフィール

福嶋 広隆(ふくしま ひろたか)

仙台医療福祉専門学校

副校長

北杜学園 企画広報部 部長、大学開設準備室 室長、仙台青葉学院短期大学事務局長、

仙台医療技術専門学校 校長を経て現在に至る。



ST学科ブログ STたるもの・・・

仙台医療福祉専門学校 言語聴覚学科の公式ブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000